【6畳1人暮らし】ヴィンテージスタイルの部屋 収納重視スタイル

これからヴィンテージスタイルの部屋に改造したい人、これから引っ越す人に向けて、インテリアコーディネートプランを紹介します。今回紹介するのは、収納を重視した持ち物が多い人にオススメのレイアウトです。
収納を増やしながらも部屋の圧迫感をできるだけ抑えるようにしています。

間取りは 6畳 1K

間取りは 1人暮らし6畳 1Kの間取り想定しています。

ヴィンテージスタイルのインテリアコーディネート完成イメージ

インテリアコーディネートの完成イメージです。

ヴィンテージスタイルのインテリア

窓際にヴィンテージ調のベッドを配置。パイン材とスチールを使用したビンテージ調でレトロなシングルベッドです。観葉植物を置いて柔らかさを演出しています。

コーディネートアイテム

フロアライト

壁面にはの可動棚を配置。棚の高さを変えて、いろんなパターンにアレンジすることができます。

家具の配置について、インテリア基本として、高さのある家具は、入り口側に置くという考え方があります。これは奥に置くと最初に目線に入るため圧迫感が出て部屋が狭く見えるためです。
手前側に置くと、入り口からは死角になるので、あまり気にならず、部屋が広く感じる効果があります。
どんなレイアウトでも使えるので、この基本的な考え方は、覚えておくといいと便利です。

コーディネートアイテム

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!